コラム執筆 辻中 公

2017年11月01日

ママに贈る魔法のメッセージ

子ども達の夢を叶える魔法!

日本の古き良き躾(しつけ)、昔から伝わる智恵を伝承している大和躾(しつけ)伝承学師の辻中公(つじなか くみ)です。
今回は『子ども達の夢を叶える魔法!』をお伝えしますね!

子ども達の夢を聞いたことはありますか?
3歳の子どもが「戦隊モノのキャラクターになりたい!」「お父さんと結婚したい!」という夢を語ると、可愛いなーと顔がほころびます。

7歳の子どもが「戦隊モノのキャラクターになりたい!」「お父さんと結婚したい!」という夢を語っても、可愛いなーと顔がほころびます。

では、12歳を越えた子どもが「戦隊モノのキャラクターになりたい!」「お父さんと結婚したい!」という夢を語ると、「あなた何歳になったと思っているの?」「しっかり現実を見なさい!」「戦隊モノになりたいなんて、バカなことを言うんじゃありません」「お父さんと結婚なんてできないのよ!もっと素敵な男性と結婚しなさい!」と、言ってしまいませんか?

現実だけを見て、できないことを並べ立てるより、その夢、想いの中身までを観て、代弁することが親の役目です。
どんな風に代弁するかが、ポイントになります。

まず、この子の「戦隊モノのキャラクターになりたい!」「お父さんと結婚したい!」と言う真意はなんなのだろう?と、想いに寄り添ってみましょう。

「戦隊モノのキャラクターになりたい!」のは

  • 誰かを守りたいから
  • 困っている人を助けたいから
  • 強くなって世の中の役に立ちたいからなのかなあ?

「お父さんと結婚したい!」のは

  • お父さんが大好きなんだなあ
  • お父さんみたいな大人に憧れているんだなあ
  • お父さんと結婚すると幸せになると信じきっているんだなあ

と、感じる視点をしっかり持って、それを子どもに代弁していくのです。

「戦隊モノのキャラクターになりたい!」のは

  • 「あなたは、誰かを守る強い人になりたいんだね」
  • 「あなたは、困っている人を助けてくれるんだね!すごいね!」
  • 「戦隊ヒーローになったら、強くなって世の中のたくさんの人に役立つね!嬉しいね!」

「お父さんと結婚したい!」のは

  • 「お父さんが素晴らしい人だからだね」
  • 「お父さんみたいな大人になりたいんだね」
  • 「お父さんのような素敵な人と結婚をして、幸せになる人が増えてほしいんだね」

こんな風に子どもの夢の本質を、職業や方法に着目するよりも、中身の想いを言葉にしてあげてください。そうすると、世の中の役に立つために、勉強しよう!強くなろう!幸せを増やす人になろう!と、子ども達の夢がもっと大きく叶うことに繫がっていきます。

 

大和躾(しつけ)伝承学師  辻中公(つじなかくみ)

コメントを残す



コメントは直ぐに反映されませんのでご容赦ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。


スマートフォンサイトを表示