コラム執筆 辻中 公

2018年02月01日

ママに贈る魔法のメッセージ

親と子の個性を認め合う魔法!

日本の古き良き躾(しつけ)、昔から伝わる智恵を伝承している
大和躾(しつけ)伝承学師の辻中公(つじなか くみ)です。
今回は『親と子の個性を認め合う魔法!』をお伝えしますね!

私たちは自分の価値観で物事を見がちです。
価値観を押し付ける傾向もあります。
価値観を押し付けるから、合わない時に、あの人はなぜわかってくれないのだろう・・・となるのです。
子どもに対しても、親は子どもの幸せを願う気持ちが強すぎて、自分の価値観で判断します。

  • 一度決めたことを最後までやり通すお母さんは、子どもが取り込んでいたことを途中でやめて、いろんなことに目を向けていると不安になります。
  • 勉強の好きなお母さんや、勉強をしなかったことで後悔しているお母さんは、子どもが好きなことばかりして遊んでいると、将来困らないか不安になります。
  • 友達とおしゃべりをするのが大好きなお母さんは、子どもが友達と遊ぶ約束をしてこないで一人で遊んでいることが不安になります。
  • スポーツが大好きで外で遊ぶことが楽しいお母さんは、子どもが本を読んだり勉強ばかりしていると不安になります。

自分と違う考えや行動をすることが、不安なだけで、どれをとってみてもすごい力があります。

  • いろんなことに目を向けることができる好奇心旺盛な子ども
  • 好きなことを見つけることができる子ども
  • 集中してやりたいことがある意志の強い子ども
  • 本や勉強が好きな子ども

お母さんの価値観は無い物ねだりになっていませんか?
自分の考えに合わないだけで、実は今のそのままの子どもの姿が、すごい力であることが多いのです。
その力を見抜いて知らせてあげるのがお母さんの役割です。
周りの人がどんな風に子どもの評価をしても

  • 最後までやり抜く持続力のある子なのです!
  • 好奇心旺盛でなににでもチャレンジ出来る子なのです!
  • 人に左右されず、1つのことに熱中できる子なのです!
  • 友達と仲良くできて交流することができる子なのです!
  • 意志が強く、自分を曲げない強い子なのです!
  • 発想力がユーモアで人と違った感覚のある子なのです!

と、本質、子どもの中身を見ることが、子どもの才能を伸ばすことになります。
お母さんの言うことをよく聞く子は素直な素敵な子です。
お母さんの言うことを聞かない子は自分の意思が強い素敵な子です。
どちらにしても、素敵な子どもに変わりはないのです。
ただ、お母さんと子どもは違う個性を持っていますから不安になるだけですよ。
個性を認め合って、子育てをしながらお母さん自身の素晴らしところも見つけていきましょう!

 

大和躾(しつけ)伝承学師  辻中公(つじなかくみ)

コメントを残す



コメントは直ぐに反映されませんのでご容赦ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。