生活協同組合おおさかパルコープ|ページが見つかりません

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。

お手数ですが、トップページ または サイトマップ から、ご覧になりたいページをお探しください。

コラム執筆 岩城 美穂

2018年04月20日

子だくさんの整理収納術

ママが笑顔になるお片付け

お片付けで心躍る毎日を♪
子ども五人!子だくさん整理収納アドバイザーの岩城美穂です。
今月から、子育て中のママさんが「更に楽しく」「更に幸せに」「更に笑顔に」なれるようなお片付けの話を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

少し自己紹介をさせていただきますと、私は大学生から小学生まで五人の子どもがいます。短大では幼児教育を学び、三番目の子どもを産むまでは保育園勤務もしていました。
そして私自身、元「片付けラレネーゼ」です。モノがいっぱいで片付いていない家に住んでいました。イライラしながらフルで仕事と子育て、そして休みの日にはストレス発散で散財というとんでもない生活を送っていました。今思うとよく怒り散らして怖いお母さんだったのではないかと猛反省しています。
そんな私は四人目の子どもを自宅出産したことで必要に迫られて片付けを始めました。その後、五番目の娘は一番ゆったりと楽しく、余裕をもって子育てに専念できました。
自分が片付けをしてみて思ったことは、片付けをすると、時間と心とお金に余裕が出来るという事。私は、今の若いママさん達に、せっかくの可愛い赤ちゃん時代、私のように「イライラガミガミ母ちゃん」ではなく、笑顔で、もっとゆったり余裕をもって楽しんで欲しいと願っています。子どもの可愛い時期はあっという間に過ぎ去ってしまいます。

保育園で先生をしていたころ、お母さん方が「うちの子、保育園ではちゃんと片付けるのに、家では全然片付けをしなくて困っています。」という言葉をよく聞きました。私も自分の子どものことを同じように言っていました。
でもそれは、子どもが家でだらしないわけでも、外面がいいわけでもなく「収納システムが合っていないだけ」「片づける手順が分かっていないだけ」「月齢のわりに難しい事をさせようとしている」など、モノに翻弄されているのが問題。幼稚園や保育園では子どもが片付けやすいシステム作りが出来ているのです。
人がモノに合わせるのではなく、モノを人に合わせるようにしたらいいのです。
そして、もう一つの問題は「お母さんが片付けの正しいやり方を知らない事」。片付けは誰からも習う機会がないので、出来なくて当たり前。ですから、やり方を知って、実践すれば誰でもできます。
次回からは具体的に「楽家事」「時短家事」「子どもと一緒に楽しくお片付けをするコツ」など、簡単ですぐに実践できることも含めてお伝えしていきたいと思います。
お片付けで心躍る毎日を♪
子だくさん整理収納アドバイザーの岩城美穂でした。

次回は「知ってる?お片付けの3つのステップ」です。お楽しみに。

コメント欄

  1. なっぺ より:

    片付けると、時間と心とお金に余裕ができる⁈
    それは耳寄り情報!片付けるコツとかあるのでしょうか?
    頑張って片付けよ〜っと。

    • マシュマロCLUB事務局 より:

      なっぺさん、コメントありがとうございます。マシュマロCLUB事務局です。
      いただきました嬉しいお声は岩城さんにお伝えさせていただきます^^

      使ったものを元の場所に戻すだけなのにそれが難しい…
      私の家には“とりあえずまとめて置いている”という箱がたくさんあります。
      でも、時間がなくても衝動的に一度全部出して、いるもの・いらないものを改めて整理すると、その箱自体がいらなくなって結果的に空間がスッキリ!なんてこともあります。

コメントを残す



コメントは直ぐに反映されませんのでご容赦ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。


生活協同組合おおさかパルコープ|ページが見つかりません

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。

お手数ですが、トップページ または サイトマップ から、ご覧になりたいページをお探しください。